« 悪いあとには良いことがある。 | トップページ | 人間は考えるアジ »

2009年11月27日 (金)

ものは滅びるから良い。

Horobi 私がポジティブに不況に耐えられるのは、マンガのキャラクターたちのおかげかもしれない。

自分が生み出したキラクターなのに、家族のように愛情を感じる。
辛いことがあると、画面から飛び出て、バカバカしいことを言って和ませてくれる。
だから、いそがしくても描くのは止められない。

タマと小春じいは10年前に、ポチは20年前に作った。

20年前、個展の案内状の挿絵にポチを使ったら、このキャラクターで描いてくれと出版社から仕事依頼が来た。
しかし、その頃の私はガチガチに尖っていて、「ファインアート一本でやりますので。」と断ってしまった。

今思うと実にもったいないが、運とはそう言うものだ。

|

« 悪いあとには良いことがある。 | トップページ | 人間は考えるアジ »